【Klearlook 保護フィルム】指紋がつきにくく、アンチグレアのiPad保護フィルムを探してるなら、これ!

こんにちは、ぽぽさんです!

iPhoneはずっと前から生活の一部になっている人は多いかと思いますが、ここ最近はiPadも徐々に生活に溶け込んでいる人も多くなってきたように感じます!

ここ4〜5年でAppleが積極的にiPad OSの改善に取り組み、それに伴い様々なアプリケーションが機能を充実化させてきたことで、よりiPadを仕事や勉強で活用しやすくなりましたね!

そこで今回は、日常でも使用頻度が高くなってきたiPadの保護フィルムのレビューをしていきたいと思います!ぜひ最後まで読んでいってもらえたら嬉しいです!

そもそも保護フィルムにはどんな種類があるの?

保護フィルムにはかなりの種類があり、それらすべてを細かく分類していくときりがないので、今回は主要のもの3つについて説明します!

グレアタイプ

グレアタイプの保護フィルムがついたiPad

画面がキレイに見えるのが特徴です。映画やドラマなどをよく視聴し、なおかつ画質も損ないたくない人には向いていないかもしれません。

一方、画面がキレイに見える反面、映り込みがしやすいです。何気なく画面を見ていて、自分の顔が急に見えて、ハッとなることありますよね(笑)また、指紋もかなり目立ちやすく、結構な頻度でメガネ拭きなどで画面を拭く必要がありそうです。

アンチグレアタイプ

アンチグレア保護フィルム付きのiPad

アンチグレアフィルムは、指紋が目立ちにくく、指の滑りが良好です。逆に言えば、滑りが良すぎて、他のフィルムに比べると文字を書くことには向いていないとも言えそうです。加えて、黒が白く濁りやすく、普段から高解像度の動画を見ている人からすると、画質が落ちたと感じる人もいるかと思います。

ペーパーライクフィルム

これは文字通り、画面にApple Pencil等で書き込むのに向いています。表面がザラザラしており、紙に文字を書くときのような抵抗を感じられます。その分、あまりに指の滑りが悪かったり画面が荒く見えてしまうといった特徴があります。

このフィルムを買うに至った経緯

僕が現在所有しているiPadは、iPad Pro 11インチ 2020年モデルです。

iPadを買ったのと同時に保護フィルムを探し始めました。ケースをつけず、保護フィルムもつけない「裸族」の方もいるようですが、僕はつける派です(笑)

僕がiPadの保護フィルムに求めるニーズとしては

  • ある程度安い
  • 画質が落ちない
  • 落ちたときなどの衝撃に強い

以上の3点でした。

この条件だと自然と、グレアフィルムが候補にあがりました。そこでAmazonで購入したのがこちらでした。

Amazonで値段が約1500円で、レビューが1万件以上あり、評価が4以上だったので購入してみました。

結論から言えば、概ね満足できるクオリティでした。

正直いえば、フィルムのタイプさえ同じだったら、どんなもの買っても大差ないんじゃないかと思ってます(笑)気にするのはコスパですね。それよりもあれこれと調べる手間がめんどくさい。。

1点満足できなかった点があります。それは

指紋が目立ちすぎる

本当に毎日iPadの画面拭いてましたね。拭いても、その次の日にはもう指紋でベタベタみたいな状態でした。

そこで、次のiPadの保護フィルムはアンチグレアの指紋がつきにくいと評判のものにしようと決めました。

Klearlook 保護フィルムについて

Klearlook Pad Air 4 (2020) /Pro 11 (2020 / 2018)用 ガラスフィルム「ゲーム好き人系列」アンチグレア 「Face ID対応 ケースに干渉せず」サラサラ 反射防止 指紋防止 液晶保護フィルム 硬度9H 貼り付け易い道具付き

まずはこの製品の基本情報を確認していきましょう。

  • iPad Air 4(2020) / iPad Pro 11インチ(2020, 2018)用
  • 価格:1980円
  • アンチグレア
  • ガラスフィルム
  • ガイドツール付きなので、簡単に貼ることができる
  • 滑らかな指触り
  • マット処理加工による指紋防止コーティング
  • ケースに干渉しない

対応モデルが、iPad Air 4 と iPad Pro 11 インチとありますが、この他にもiPhoneや旧モデルのiPadに対応したものも、Klearlookさんは取り揃えています。もし気になるようでしたら、こちらからご自分の機種にあったものを選んでみてくださいね。

価格に関してですが、1980円は保護フィルムの中では中価格帯といったところでしょうか。

指紋は本当につきにくい?

結論から言うと、

圧倒的につきにくいし、目立ちません!

本当に前に使っていたものに比べて目立ちません。これだけでこれを買って良かったと思えましたね。

klearlookの保護フィルムのついたiPad
klearlookの保護フィルムのついたiPad

上の画像は、光の加減で指紋が少し目立っていますが、ガッツリ光に当てて、よく見ない限り目立ちません。たまーーに指紋が気になったら拭く程度です。

下の画像は、電源ONの状態で撮った写真ですが、使っている最中に指紋が気になったことは一度もありません。これはかなり快適ですね。


指紋防止についての総評

グレアフィルムよりは明らかに指紋はつきにくいです。グレアフィルムを使っていたときは、iPad使おうと手に取るたびに指紋が気になって毎回拭いていましたが、このアンチグレアタイプに変えてからは1週間に一度拭く程度です。

また、指紋の歩きやすさですが、「おぉ、拭くとすぐ指紋が取れる」というレベルではないですが、比較的拭き取りやすいと思います。少し指先に力を入れて、クリーニングクロスを押し付けながら拭くとキレイに拭けます。

指紋がつきにくいものを探しているなら、「買い」です!

指紋も付きにくく、付いた場合の清掃もグレアタイプよりも楽に拭き取れます。

反射を抑える性能は、蛍光灯のリングがクッキリ見えてしまう程度ですが、まぶしくはありませんので、アンチグレアとしての最低基準は十分に満たしていると思います。

貼ったときに出来た気泡もすぐに消え、ケースをつけた時の干渉もない為、星5の価値は十分にあると感じました。

スマホやタブレットなどのモバイル端末には、アンチグレアのガラスフィルムをお勧めします。

Amazonのレビュー欄より

ちなみに僕がこのklearlookを買った理由ですが、こちらのサイトで全体的に高評価を受けてて(2位)、なおかつ1位のものより指紋がつきにくいと書いてあったので買いました。

画面は見やすい?指のひっかかりはある?

画面はたしかにグレアタイプよりは多少、色の綺麗さという点では劣ります。しかし、YouTubeやNetflixを1日約4時間見ている僕個人の意見としては、正直画質の低下は気になりません。

よほど、映画は最高画質で楽しみたい!そうじゃなきゃ映画なんて見ねぇ、みたいな人じゃなければ、気にならないかと思います。

指のひっかかりは、ほとんど感じません。
一応この製品、iPadでゲームをする人用もターゲットのようで、音ゲーや荒野行動のように指を頻繁に使う人からの評判も良いです。

デレステ、ミリシタ等のヘビー音ゲーユーザーです。

iPad Pro 2020を買ったので、以前の機種(Air3)でも使っていたこのメーカーのものを買いました。Air3ではたまにフリック抜けがありましたが、Pro+この製品の組み合わせでは今のところ(2時間程度プレイ)、フリック抜けもなく快適です。

また、ガイド枠が付いていて貼りやすいのですが、付属のふき取り用ペーパー(ドライの方)は、画面に糸埃が付くので注意が必要です(エアスプレーで飛ばせる程度)。

Amazonのレビュー欄より

また、ゲームではなく、普通にブラウジングをしたりするときの操作感については、かなり快適にできるかと思います。ひっかかりがあまりないので、スクロールなどの操作も滑らかにできるので、ストレスレスです。

Apple Pencilでの書き心地は?

多分、ペーパーライクフィルムを使っていた人などは、滑りすぎて書きづらいという人もいるかと思います。

しかし、僕もたまにGoodNotesなどでメモを取ったりしますが、普通に使っている分には、特に滑りすぎて書きづらいという印象はありません。

絵をよく描いたり、頻繁にメモやノートをとったりする人は、気に入らなければペーパーライクフィルムを買ってみることをおすすめします。

まとめ

まとめです。

 
ぽぽさん
指紋がつきにくい保護フィルムを探してる人にはおすすめにゃ〜

以前グレアフィルムなどを使っていて、指紋がつきにくいものが欲しいと思っている人は、このKlearlookを買えば満足できるかと思います。僕もこの商品を使い始めてから、iPadの指紋が全く気にならなくなりました。

アンチグレアなので、反射も少なく画面も見やすいのも特徴ですね。

またガイドツールもついていて、貼り付けが苦手といった人にも配慮がされているので、安心ですね。

この記事を見て、気に入ったという人はぜひ購入して見てくださいね!

それでは!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
klearlook アンチグレアタイプフィルム
最新情報をチェックしよう!