【JBL FLIP5】1万円以下で買えるBluetoothスピーカー!低音好きには超絶おすすめ。

・取り回しの良いワイヤレススピーカーが欲しい
・強めの低音で音楽を楽しみたい!
・お風呂で音楽や動画を楽しみたい!

こんにちは、ぽぽさんです!

みなさん、スピーカーって使っていますか?

スマホのスピーカーやパソコンのスピーカーから直接聴いてる人も多いと思います!

それで満足な人ももちろんいると思いますが、スピーカーを使って音楽を聴いたり、映画を観るとまた一味違った体験ができるかもしれません。

今回は、2019年に発売されてから、AmazonやYouTubeでも高く評価されている JBL FLIP5をレビューをしていきたいと思います。

そもそもJBLってどんなブランド?

イヤホンやヘッドホンを選ぶとき、JBLというブランド名はよく聞くけど、実際のどのような会社か知っている人は多くないのではないのでしょうか?

僕自身もこの記事を書くまであまり知らなかったので、今回はJBLがどんな会社なのかについて調べてみました。

JBLはアメリカ・カリフォルニア州のノースリッジという地域に開発拠点を置いている会社です。一般の人向けのイヤホン、ヘッドホン、スピーカーはもちろんのこと、数百万円もするようなスタジオモニターなども作っています。

HARMAN Owners' Club | ハーマンインターナショナル

特集|JBLアメリカ本社の様子をご紹介します…

JBLの親会社であるハーマン・インターナショナル社のページには

ハーマンには「トレインド・リスナー」という音の評価をするために訓練されたスタッフがいます。米国本社には20名ほどいます。彼らがテストを行って高評価を受けたもののみ商品化されます。

とあり、非常に音作りに力を入れているのが分かりますね!

他にも7つもの試聴室や、「無響室」と呼ばれる吸音材を備えた部屋での測定を行うなど、様々なテストなどが繰り返されて製品が開発されていることが分かりますね。

開発の過程にさらに興味がある方は、どうぞ上のリンクから見てみてくださいね!

FLIP5の基本スペック

発売日2019/10/14
カラーブラック、ブルー、レッド、ティール、ホワイト、スクワッド
防水性能IPX7
重量約540g
大きさ500mlペットボトルと同じ大きさ(69×181×74mm)
オーディオタイプモノラル
最大出力20W
対応コーデックSBC
連続使用時間最大約12時間
充電時間約2.5時間
充電端子Type-C

IPX7という防水性能に、12時間も連続で再生できるので、キャンプなどのアウトドアでも活躍しそうですね!

価格

JBLの公式ネットショップでは2021年2月3日現在、9880円で販売されています。

一方、Amazonでも販売されているのですが、価格変動が少し激しく、買うタイミングによっては安く買えそうです。

JBL FLIP5の価格変動

これはKeepaという拡張機能を使って、FLIP5の2020/2/3〜2021/2/3の1年間の価格変動を見たものなのですが、最低価格が約7200円、最高価格は11000円となっています。7000円台くらいで買えたら良さそうですね!

(ちなみに僕は9173円で購入しました…..笑)

スポンサーリンク

外観

FLIP5には6色あり、他のスピーカーに比べてカラー展開が豊富な印象です。

FLIP5のカラー展開

引用:PayPayモール – Yahoo! JAPAN

個人的には無難にブラックか、派手めな赤色がおすすめです!

正面から見たFLIP5

表面はメッシュのようになっており、糸の柔らかさみたいなものを少し感じられます。

正面から見た時、中央にはJBLのロゴが入っており、見た目もシンプルでまとまっている印象です。

背面から見たFLIP5

背面には各種ボタンがあり、上部は主に曲の操作関連のボタンになっています。

上の画像の左から順に

再生, ボリュームアップ, ボリュームダウン, パーティーブーストボタン

となっています。

再生ボタンはクリックで再生/停止、タブルクリックで曲送りをすることができます。

下部には電源ボタン、Bluetoothボタン、バッテリーインジケータ、Type-C充電端子があります。

パーティーブーストとは?
複数の JBL パーティブースト対応スピーカーを接続して、複数の スピーカーで同じ音声を再生したり、ステレオ再生できる機能のことです。同時接続100台以上可能だそうです。100台なんていつ使うんでしょう(笑)
友達のFLIP5も借りて、2つ同時接続してステレオ再生してみたのですが、音の重厚感が更に増し、より大迫力の音になります!
1つだけじゃ物足りなかった方は、ぜひ2台繋げてステレオ再生しちゃいましょう!
flip5とペットボトルの大きさの比較

大きさは500mlペットボトルほぼ同じくらいですが、若干FLIP5の方が小さいかなという印象です。重さは約540gあるので、意外と重いなと感じるかなと思います。

このくらいコンパクトなら持ち出して、外で音楽も楽しめそうですね!

音質

対応コーデックがSBCと、Bluetoothコーデックの中ではグレードの高くないものとなっていますが、聴いている限りここに関して僕が不満に思うことは特にありませんでした。

FLIP5の音の特徴として、以下のようなものがあると感じました。

・ズンズンと響くような低音
・バランスが良く、クリアな音質

・高音域には少し弱く、ボーカルなどが聞こえづらいときがある

まずこのスピーカーで最もおすすめしたいズンズンと響くような圧倒的低音です。

僕自身、今までの何台か3000~6000円代の比較的安価なワイヤレススピーカーは買ってきたのですが、それではどうにも迫力に欠けあまり満足できていませんでした。

そこで探して購入したのが、このJBLのFLIP5でした。届いて最初にこれで音楽を聴いたときは感動した記憶があります。

「なんだこの低音は。超テンション上がるじゃん!」と。

こちらの動画でも分かるように、パッシブラジエーターが搭載されているおかげで、側面部分のゴムの部分が低音によって細かく振動しているのが分かると思います。

パッシブラジエーターとは?
パッシブラジエーターとは、スピーカーユニットから電磁気回路を取り除いたもので、スピーカー筐体内の空気振動を利用して動作させるスピーカーユニットのことをいいます。
通常のスピーカーユニットは電気信号により振動板を駆動させ、音声出力を行います。その際にスピーカー筐体内で空気振動が発生します。その空気振動を利用してスピーカーユニットを動作させる仕組みがパッシブラジエーター方式です。
パッシブラジエータユニットは一定の周波数で共振し、主に低音域の増幅・補強を行うことで迫力のある重低音を表現できます。小型の筐体でも低音が響く高音質サウンドを楽しめることから、小型のポータブルスピーカーなどで採用されています。

引用:サンワサプライ

低音が響いていることが良く分かりますね!

 
ぽぽさん
低音ガンガンでテンション上げたい人には特におすすめにゃ!

次にいいなと思ったのは、比較的クリアな音質です。

低音が強すぎて、中高音域がつぶれてしまって全然聴こえないということはありません。どの音も割とバランス良くキレイに出ている印象です。

やや高音域が聞こえづらく、たまーにボーカルやドラムのハイハットなどの音が聞こえづらい時がありますが、聴いていて問題があるレベルではないと感じました。価格を考えれば、十分なレベルに持っていけてるのではないでしょうか。

1つ注意したいのが、小さめの音だとFLIP5の良さというのは伝わりづらいように感じます。

ただある程度大きな大きな音で聴けば、低音の響きなどが体感できると思います!

防水性能

FLIP5は防水規格であるIPXの中でも上から2番目であるIPX7の防水性能があります。

IPX7とは、「水深約1mで30分浸しても正常に機能する」という規格です。

僕もいつもお風呂に持って行って聴いてるのですが、問題なく音楽を聴けています!

自転車に積まれたFLIP5

あと、以前東京から青森まで自転車に行ったことがあるのですが、その際FLIP5を持って行きました。その時どしゃぶりの雨の中でも変わらず音を鳴らし続けていてくれたので、防水性能は僕が保証します!(笑)

音の遅延は?

コーデックがSBCということで、気になるのは遅延なのではないのでしょうか?

僕の感覚にはなりますが、音楽を聴く時や動画を視聴する時には遅延は気になりませんでした。(動画を見る際に気になる人ももしかしたらいるかもしれません)

ただ、FPSや音ゲーなどのゲームをするときは気になります。

なので、ゲームをするときはFLIP5を使うのは避けたほうがいいかもしませんね!

まとめ

 ドンドンと響くようなパワフルサウンド
 土砂降りの中でも耐えうる程の防水性能
 12時間の連続使用が可能
 ドリンクホルダーなどにも挿せる円筒形

今回、記事を書くにあたり、会社の歴史を調べてみたところ、JBL製品というのは非常にこだわりを持って作られており、メーカーはユーザにしっかりと音楽を楽しんでほしいという思いが伝わってきました。

このようにこだわりを持って作られているJBL製品の中でも、FLIP5はコンパクトでパワフルなワイヤレススピーカーが欲しい人にはピッタリの製品です。

もちろんお家で音楽を楽しむのもよし、キャンプなどのアウトドアで爆音で聴くもよし。防水性能が非常に高いので、幅広い場面で活躍できそうです!

このレビューがワイヤレススピーカーを選ぶ上で参考になれば嬉しいです。最後まで見てくださってありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
JBL FLIP5
最新情報をチェックしよう!