5000円以下で買える!HUANUOの格安モニターアームの長期使用レビュー

こんにちは、ぽぽさんです!

ここ最近で一気にデスク周りの環境を整え、作業効率が爆上がりしました。快適になった要因の1つが、今回紹介するHUANUOというメーカーのモニターアーム。

モニターアームで有名なのはやはりエルゴトロンとAmazon Basicのものでしょうか。

しかし、価格が1万円を超え、なかなか手を出せずにいるという人もいるのではないのでしょうか。今回はそんな人のために、僕が人柱となって格安モニターアームを購入し、3ヶ月間使用してきた感想などをレビューしていきたいと思います!

それではどうぞ!

そもそもモニターアームを使うメリットって何?

モニターとモニターアーム

いったいモニターアームを使うメリットって何なんでしょうか。モニター買った時にスタンドがついてくるから、モニターアームなんて要らないよという方もいるでしょう。

僕も元々モニターに付属していたスタンドを使っていたのですが、そこからモニターアームに変えたら、もう快適さが段違いでした。

・スタンドがない分、モニター下のスペースを有効活用できるようになる
・ディスプレイを目線と同じ高さに配置することで、首や肩への負担を和らげることができる
・用途や状況に応じて自由に位置調整できる
・足を伸ばしながらなど、リラックスした状態で作業できる

付属のモニタースタンドでも高さ調整はできたのですが、前後には動きませんでした。そこでモニターアームを導入したことで、上下前後左右自由に位置を変えることができるようになりました。

椅子を限界まで倒して映画などを見るときは、モニターを一番下にしさらに手前側に位置調整することで、映画館のVIPシートで見るかのように楽しめます。

また、普段作業するときは目線と同じくらいの高さにモニターを調整することで、良い姿勢で作業することができるため、疲れづらくもなりました。

引用:KOKUYO
スポンサーリンク

買う前に注意したいこと

モニターがVESA規格に対応しているか?

モニターアームにモニターを取り付けるには、モニター側がVESA規格対応でなければなりません。

VESA規格とは、テレビやモニターなどの映像機器を金具・アームなどに取り付ける際に使うネジ穴の間隔について定められた国際標準規格のことです。

引用:IO DATAより

サイズや重量によって多少変わってきますが、30インチくらいまでのモニターであれば、だいたい75mmか100mmに対応していることが多いので、自分のモニターの背面に穴があるか確認してみましょう!

安いモニターだとVESA規格に対応していないこともあるので注意が必要です。

耐荷重と対応インチ数をチェック

モニターアームの耐荷重と対応インチ数も必ずチェックしましょう。

モニターアームの耐荷重
引用:サンワサプライ

そのモニターアームが対応可能なもの以上のモニターを取り付けてしまうと、特定の位置できちんと固定されなかったり、場合によっては破損してしまう可能性があります。

自分のデスクに設置できるのか

意外に忘れがちですが、デスク自体にモニターアームを取り付けられるかも必ず確認しましょう!

デスクを上下から挟み込むようにして固定するタイプのクランプ式のモニターアームでは、デスクの形状によっては設置できない場合があります。

1つはデスクの強度が弱い場合です。

モニターアームの重さは約5kg、加えてモニター自体の重さがインチ数にもよりますが5kg前後、総重量10kg以上はあるわけです。

それをデスクの1点で支えるわけなので、天板が薄いものだとデスクの方が破損してしまう場合もあるかもしれません。デスクの強度も確認しておきましょう!

2つ目は、アームの土台とデスクのフレームが干渉してしまう場合です。

分厚いデスク

引用:treebe

デスクが薄すぎると強度に欠けますが、上の画像のように分厚すぎても設置が難しくなります。

この場合はデスクフレームの上に天板が乗っているのでかなり分厚い上に、おそらくクランプ式でははさみこむことのできない形状なので、設置ができません。

モニターアームを設置したい箇所のデスクの背面にクランプではさみこむことができるだけの余白があるか確認しましょう!

スポンサーリンク

HUANUOのモニターアームの概要

前置きが長くなってしまい申し訳ございません。ここから今回買ったモニターアームのレビューです!

まずは簡単にスペックを見ていきましょう。

型番HNSS7
価格約5000円
(Amazonの20%OFFクーポン使えば、4000円以下で買えるかも!?)
対応サイズ22 ~ 35インチ
耐荷重3 ~ 9kg
対応するデスクの厚さ2.5 ~ 8cm
アームの調節方式ガススプリング式
VESA規格75×75mm・100×100mm
取り付け方法クランプ式・グロメット式

価格に関してなのですが、僕が2020年11月に購入した時に20%OFFのクーポンがあったのですが、今でもやってるので常時20%OFFで購入できるのかもしれません!ちなみに僕の購入価格は3429円でした。

最大対応サイズ35インチ、耐荷重9kgまでと比較的大きめなモニターにも対応可能です!

さらには、8cmとかなり厚めのデスクにまで対応しているのもグッドポイントです。

ちなみに僕はこのモニターアームにLGの24インチモニターを取り付けています。

こちらも非常に良いモニターなので、機会があればまた紹介したいと思います。

使用感レビュー

外観

Amazonで注文したのですが、箱を持った時の感想は「重っ….!」でした。

モニターアーム本体

こちらはモニターアームの本体の画像なのですが、重厚感があり、安い割に作りがしっかりしているのが伝わるかと思います。

モニターアームのプレート部分

これはアームとモニターを取り付ける金属プレートですが、こちらもアーム同様作りがかなりしっかりしている印象です。

取り付け

残念ながらもう設置してしまったので、具体的な手順を画像でお見せすることはできませんが、設置作業は非常に簡単でした!

僕はクランプ式で取り付けたのですが、まずは土台となる部分を手でクルクル回して固定します。

モニターアームのクランプ部分

その後、アームをモニターに固定し、土台にそれらを上からはめ込めば完成です。10分もあれば、すぐ設置できると思います!

可動域

やはり最大のメリットといえば、広い可動域でしょう。

僕が普段作業するときはだいたいこの位置にあるのですが、

モニターとモニターアーム

やろうと思えば、こんな位置に持っていくこともできます。

めちゃくちゃ前に出してみたり…..

高い位置にあるモニター

はたまた後ろに向けたり…..

変な位置にあるモニター
引用:Amazonの製品ページより

画面を回転させて縦画面にしたり、モニターの角度を変えたりできるなど、どんな環境にでも最適な位置にモニターを調整することができると思います。

スポンサーリンク

ケーブル収納

5000円をきるお手頃価格なのにも関わらず、ケーブル収納までできちゃうのがこのモニターアームのすごいところ。

ケーブル収納があることで、ケーブルが下にダランと垂れることがなく、デスクからモニターを見た時に非常にスッキリして見えます。

モニターアームのケーブル収納
モニターアームのケーブル収納

この価格帯だとケーブル収納できないものもあるので、このモニターアームを買う理由の1つにもなりそうですね。

1つ注意したいところ

デメリットというほどでもないのですが、1つ注意したい点があります。

それはデスクの背面に多少のスペースがないと、前後の移動が少ししづらいということです。

上から見たモニター

僕の場合は、デスクの後ろはベッドなので特に問題ないのですが、デスクの後ろに全くスペースを取れない方は工夫して設置する必要がありそうです。

まとめ

エルゴトロン製のものやAmazon Basic製のものに比べ、かなり安い値段になっていますが、ここ数ヶ月このモニターアームを使っていて特に悪い点は見つかりませんでした。

モニターアームを導入したことで付属のモニタースタンドを使うよりも、自由にモニターを動かすことができるようになったので、個人的にかなり満足度の高い買い物でしたね。

メリットをまとめておきます。

・お手頃価格
・耐荷重や対応サイズが優れているので、様々なモニターへ取り付け可能
・とにかく可動域が広い!

ただデスクの後ろ側にある程度余裕がある方が、モニターの配置の自由度は高まるので、購入前にチェックしておきましょう。

以上、HUANUOのモニターアームのレビューでした!

このレビューをみて気になった方は購入を検討してみてください….!

Twitterもやってるので、フォローよろしくお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
モニターアームレビューのサムネイル
最新情報をチェックしよう!